このページはYabooJapnにお申込みいただいた方へのサポートページとなっております。
以下をよく読みご利用ください。またご不明な点などございましたらメールにてお願いします。
(電話でのサポートは行っておりませんのでご了承下さい)

1)メールソフトの設定
2)FTPソフトの設定
3)メールアカウント追加申込み
4)FTPアカウント追加申込み
5)サブドメイン申込み
6)メール転送について
7)perlについて
8)sendmailについて
9)imageMagicksについて

1)メールソフトの設定方法

大体どのメールソフトでも似たような感じですが、ご参考までにOutlookExpressでの設定方法を記しておきます。
手順1…ツールメニューから「アカウント」を選択
手順2…「メール」の「追加」をクリック
手順3…「名前」欄にメールを出したとき相手に表示したい貴方の名前を入れ「次へ」をクリック
手順4…「既存の電子メールアドレスを使用する」にチェック。その下に「○○○@貴方のドメイン」○○○は好きな英数字。(ドメインはwww.を除いたもの。@の前はinfoやdeskやhelpやwebmasterなど何でもOK)「次へ」をクリック
手順5…「POP3サーバー」欄に「mail.yaboo.jp」と記入。
手順6…「SMTPサーバー」欄は今ご契約されているプロバイダのものと同じ内容を記入。「次へ」をクリック
手順7…「アカウント名」は当社よりのメールに書いてあるものを記入。
手順8…「パスワード」も当社よりのメールに書いてあるものを記入。「次へ」をクリック。→「完了」
※参考:メールソフトによっては下記のような表現をしているものもあります
「POP3サーバー」=「POPサーバー」=「受信サーバー」
「SMTPサーバー」=「送信サーバー」
「アカウント名」=「メールID」=「ユーザーID」=「ID」


2)FTPソフトの設定方法

ホスト名(サーバー名)…ftp.貴方のドメイン名(例:hogehoge.jpなら、ftp.hogehoge.jp)
ユーザー名(アカウント名)…当社よりのメールに書いてあるアカウント名と同じものを記入
パスワード…当社よりのメールに書いてあるものを記入


3)メールアカウント追加申込み(別途 月額100円/1アカウント)

最初申し込んで頂いた時メールBOXは10個で、10人分のアドレスが持てますが、足りない場合はメールBOX(アカウント)を追加して下さい。

現在YabooJapanにてご使用中のドメイン名 例:yaboo.jp等
追加したいメールアドレス 例:suzuki@yaboo.jp等
担当者名 今これを記入している方
担当者メールアドレス 今これを記入している方
  ◆記入してクリック→
※アカウントのIDとパスワードは当社にて発行させて頂きます。


4)FTPアカウント追加申込み(別途 月額200円/1アカウント)

フォルダ単位でFTPアカウントを設定していただくことが可能です。それによりそのフォルダを再販していただくことが可能になります。もちろん、そのアカウントではそのフォルダ以外の内容は見ることが出来ませんのでご安心下さい。
詳しくはこちらのページをご覧下さい。

現在YabooJapanにてご使用中のドメイン名 例:yaboo.jp等
フォルダ名(FTPアカウント名) 例:http://yaboo.jp/rentalの場合「rental」
ディスク容量設定(1MB単位) MB このアカウントで許可する容量
担当者名 今これを記入している方
担当者メールアドレス 今これを記入している方
  ◆記入してクリック→
※アカウントIDとパスワードは当社にて発行させて頂きます。


5)サブドメイン申込み(別途 月額200円/1サブドメイン)

http://sabu.yaboo.jpの様なドメイン名の前に3文字以上のお好きなお名前を設定頂けます。
もし、再販される場合はFTPアカウント発行のお申込みもして下さい。(FTPを許可しない場合は必要ないですが…)

現在YabooJapanにてご使用中のドメイン名 例:yaboo.jp等
サブドメイン名 例:http://rental.yaboo.jpの場合「rental」
FTPアカウント発行 発行する FTPアカウント 別途 月額200円
ディスク容量設定(1MB単位) MB FTPアカウントを発行した場合は許可する容量
発行しない場合は記入不要
担当者名 今これを記入している方
担当者メールアドレス 今これを記入している方
  ◆記入してクリック→
※アカウントのIDとパスワードは当社にて発行させて頂きます。


6)メール転送について

当社サーバーにはprocmailをインストールしておりますのでメールの転送などが比較的簡単に行えます。
指定したメールアドレスに来たメールだけ携帯電話に転送することや、普段お使いのプロバイダ宛てに転送することが出来ます。(テキストエディターを使えて、FTPソフトでパーミッションの変更が出来る方なら誰でも可能です。下記の説明でもよく分からない方は、申し訳ございませんが他サイトや参考書などでお調べになってから設定して下さい(最悪の場合、メールが無限ループをおこし、サーバーがダウンする可能性があります))

手順1…「.forward」をテキストエディターで作成します
手順2…「.procmailrc」をテキストエディターで作成します
手順3…FTPでつないだすぐの所(public_htmlフォルダやerror_logフォルダなどがある所)にアップロードし、パーミッションをそれぞれ「604」に設定します
手順4…「.procmail」というデレクトリを作ってパーミッションを707にします。

.forward
"|IFS=' ' && /usr/local/bin/procmail -f- || exit 75 #user_name"
#user_nameにFTPアカウントIDを記入。

.procmailrc
VERBOSE=off
PMDIR=$HOME/.procmail
LOGFILE=$PMDIR/log
DEFAULT=$MAILDIR

:0
* ^TO.*webmaster@
! yaboo82@mail.yahoo.co.jp

:0
* ^TO.*test@
! 09012345678@docomo.ne.jp; you@mx1.purobaida.ne.jp
説明:以下のような3行で1つの設定になります(これをレシピといいます)
:0 ←レシピの始まりのマーク
* ^TO.*webmaster@ ←作るメールアドレス この例は webmaster@your_domain.com
! 09012345678@docomo.ne.jp ←転送先のメールアドレス ; で区切って複数書けます


7)perlについて

よく使用するperlのパスです。
/usr/bin/perl
/usr/local/bin/nkf
/usr/local/lib/perl/jcode.pl
/usr/sbin/sendmail
/usr/local/bin/procmail
/usr/bin/gcc

プログラムの質問などは基本的に受け付けておりませんのでご了承下さい。
なお、参考までにプログラムの先頭は下記のように書いて下さい。
#!/usr/bin/perl
print "Content-type: text/html\n\n"; #←以外と忘れがちで、エラーが表示されます


8)sendmailについて

nkf(日本語仮名変換ソフト)にも対応しておりますので、subjectにも日本語がご使用いただけます。
下記のような感じでご利用いただけると思います。

$from='aaaa@aaaa.aaa'; #----------------メールのfrom欄
$to='bbbb@bbbb.bbb'; #------------------メールのto欄
$sbj='メールのタイトルが入ります'; #-------メールタイトル
$com="こんにちは。\nお元気ですか?"; #--メールの本文(\nは改行コード)
$nkf="/usr/local/bin/nkf -j"; #----------nkfのパス
$sdm="/usr/sbin/sendmail -t"; #---------sendmailのパス

open(MAI,"| $nkf | $sdm");
print MAI <<EOF;
Content-Type: text/plain;charset=iso-2022-jp
Content-Transfer-Encoding: 7bit
To: $to
From: $from
Subject: $sbj
$com
EOF
close(MAI);


9)ImageMagickについて

Yaboo JapanではImageMagickもインストールしておりますので、画像のサイズ縮小や画像変換(jpg→gifなど)がPerlなどから簡単に操作していただく事が出来ます。
ImageMagickについてはこちらこちらのページが分かりやすいかと思います。